FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS


かくして建築家の相棒―シベリア、スペイン、シルクロード こたえは風のなか



いつかモイカ河の橋の上で―会社を休んで59日間地球一周雲を追って、カヌー旅海外旅行の写し方―せっかくの海外旅行で失敗しない写真のノウハウと写し方のすべて地球の笑い方 ふたたびイスラエル―歴史と大自然が生んだ「奇跡の楽園」 (旅名人ブックス)かくして建築家の相棒―シベリア、スペイン、シルクロード こたえは風のなか父さんは、足の短いミラネーゼ世界でいちばん住みよいところ地球の歩き方 リゾート 318 グアム (地球の歩き方リゾート)南の島へ とびきりの感動に出会う旅 (王様文庫)


かくして建築家の相棒―シベリア、スペイン、シルクロード こたえは風のなか

ジャンル:
セールスランク:1151521 位
発送可能時期:ご確認下さい
参考価格:¥ 2,000 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

ガンジスは、遠藤周作の「深い河」を思い出させる。

25年前の相棒との過酷な旅を、遠くをじっと見つめるように、「呼び声」のように、詩のように、再現させていく描写が心に染み込む。特ににそれぞれのシーンの最後の数行に著者の感性と相棒への信頼が凝縮されているようで、気品がある。「あとがき」まで一気に読んでしまった。ガンジスのシーンは、遠藤周作の「深い河」を思い出させる。 著者は、ガンジスを前にして、「私達はこの風景から全く疎外される。 どうやっても入っては行けない世界だ。」と記しているが、25年の歳月を経た今でも、ガンジスに身を浸すことはないのであろうか?



日本図書刊行会