FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS


クリーンカー・ウォーズ



マツダ・ロードスター―ニューズムック (No.5) (ハイパーレブ―車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ)なぜ日本車は世界最強なのか (PHP新書)間違いだらけのクルマ選び〈04年夏版〉トヨタ・アルテッツァ (No.3) (ハイパーレブ―車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ)コミック版 プロジェクトX挑戦者たち−日本初のマイカーてんとう虫 町を行くクリーンカー・ウォーズトヨタの「カイゼン伝道師」が現場を甦らせる!新型ステップワゴンのすべて (ニューモデル速報 (第359弾))ボッシュ自動車ハンドブックトヨタ強さの原点 大野耐一の改善魂 保存版 (B&Tブックス)


クリーンカー・ウォーズ
クリーンカー・ウォーズ

ジャンル:
セールスランク:242796 位
発送可能時期:通常24時間以内に発送
参考価格:¥ 1,680 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

よくまとまっているので、業界の動きをばくっとつかめる。

ハイブリットをはじめとする、クリーンカーに対する主にトヨタとホンダの取り組みを掘り下げている。
日経の記者だった方なので、きちんと取材も行われているみたいで、生の声も多く聞けていると思う。
現在の車業界における、クリーンカーをめぐる争いを軽く掴みたい人にはお勧め。
読み返さないと思うので、星は3つ。
ウォーズというほどの危機感が伝わってこない。。

環境対応の自動車を環境や消費者が必要としている背景を解説し、現在進行している
各社のクリーンカー開発の取り組みについて、創業者の思想や会社が発展してきた
歴史を振り返りながら、クリーンカーを開発する必然が述べられています。
日本メーカー(トヨタ、ホンダ)の北米/欧州戦略とそれに対抗する米欧メーカーの
対応などが中心の話題となっています。
この分野の素人を含めて万人受けするために書かれた本という印象が強く、ウォーズ
というほど余り熾烈な争いや危機感が伝わってこないのが残念です。
環境車の市場と開発状況を日米欧に中国を加えて、広く概説した判りやすい書物と
いえますが、表面的な話に終始してしまっている感は否めません。
限界もあるのだとは思いますが、ジャーナリストしか知りえないもう少し業界の
政治的な裏話など一般の人が知りえないような情報を盛り込んで欲しい気がしました。



中央公論新社
人類の足跡10万年全史
不都合な真実
不都合な真実 スペシャル・コレクターズ・エディション
生物と無生物のあいだ (講談社現代新書 1891)