家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン


死んでもいい―マニラ行きの男たち (講談社文庫)



これだけで大丈夫!!―フィリピン語の旅行会話集バハラナ―フィリピン街道〈1〉マニラ編 (フィリピン街道 1 マニラ編)フィリピンの環境とコミュニティ―砂糖生産と伐採の現場からマニラ行き―男たちの片道切符恋人たちのフィリピン語 [電話会話編](3CD付)まずはこれだけ フィリピン語 (CD book)マニラ行きのジジババたちオリーブかあさんのフィリピン民話 (アジア心の民話)ザ・フィリピンパブ―雇われ店長が覗いたニッポンの異空間死んでもいい―マニラ行きの男たち (講談社文庫)


死んでもいい―マニラ行きの男たち (講談社文庫)
死んでもいい―マニラ行きの男たち (講談社文庫)

ジャンル:
セールスランク:217149 位
発送可能時期:ご確認下さい
参考価格:¥ 29 (税込)

ご購入前のご注意
当ホームページはアマゾンウェブサービスにより運営されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

マニラが舞台だと、いつもこの様な小説になってしまうんだね

フィリピンと日本に限らず、先進国と発展途上国の男の女の無限の性ですね。ジャパゆきさんの歴史は、1970年代ごろからで入管法の規制によって、その姿も変わりつつあるが、今でも続いているということは私的には悪いことではない。一部暴力団の資金源にもなるビジネス的なところもあるが、日本のフィリピン労働者の受け入れがこのような形でしかないところに問題があるので仕方ないことだ。とにかく、日本人男性は優しすぎるところがあるので、愛情表現とお金を同一視しているのは相変わらずだ。フィリピーナの多くはアメリカ人との結婚を一番に望んでおり、続いてカナダ、オーストラリア等の英語圏の男性となる。日本人との結婚?ほんの一部ですよ。フィリピンやフィリピーナに関心がある方には面白いないようです。ハイ!
まさか知っているひとがモデルとは・・・?

この小説のモデルになった方を存じ上げています。現地カラオケのママなら「ヒーロー」と言えば知っているママは多いはずです。
ご本人からは、学生時代の先生から「お前が小説の題材に選ばれるとはびっくりした」とコメントを頂いたと聞きました。本人もまんざらじゃない様子だったのを覚えております。
さて、内容ですが本当の意味でフィリピン人のホスピタリティが理解できる小説となっています。
ただし現実のフィリピンでは危険な場所も多く存在しているので気をつけなければなりません。
東南アジアの一端を垣間見れる小説です。
フィリピンはまり組のリアルな姿。

フィリピンはまり組をリアルに描いた作品でした。日本ではすっかりお馴染みになったフィリピン・パブ。彼女達に魅せられてフィリピンに移住する日本人の男性が後を絶たない。その数、公称で1万人弱。実際にはその倍はいるのではないかと推測されている。日本の男たちはフィリピーナのどこに魅せられるのか。そしてフィリピンに渡った男たちはどうなったのかを描いている。日本でホストをしてフィリピンにはまった”ヒーロー”という男性の物語を軸に話は進められ、フィリピンという国の風土と人々の気質を描き出している。政府発表の公式資料では絶対に見えてこない生な日比交遊録ともいえる。非常に面白かった。フィリピン・パブで働く彼女達のバックグラウンドに関心のある方にはお勧め。
僕もある意味はまった

フィリピンパブに行った事がある方ならよくご存知だと思うが
はっきり言って彼女らは男心(女好きな)をくすぐるコツを心得ている。この本のある意味主人公のホストはハマリすぎだけど!
フィリピンに少しでも興味のある方は読んでみると、フィリピーナの
現状以外でも興味深いエピソードはあるのでオススメするかな。
この本の著者は日本ではありえないフィリピンの現状を鮮明に書き出している。
人身売買のお盛んな国「日本」
今一度考えさせられる部分がある。



講談社
奥さまはフィリピーナ
フィリピーナ愛憎読本
ザ・フィリピン妻―雇われ店長が溺れたディープすぎる世界
フィリピン憤激ひとり旅
マニラどつかれ路地裏紀行