家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン


Think―夜に猫が身をひそめるところ (ミルリトン探偵局シリーズ 1)



虚空の逆マトリクス (講談社ノベルス)探偵はバーにいる (ハヤカワ文庫JA)探偵学入門 (ハヤカワ・ミステリ)昆虫探偵 (光文社文庫)スイーツの定番―愛しのロングセラーからいま食べたい旬のケーキまでいにしえの神 姉崎探偵事務所 (講談社X文庫ホワイトハ-ト)推理クイズあなたは名探偵 (二見文庫―二見WAi WAi文庫)探偵家族 (ハヤカワ・ミステリ文庫)Think―夜に猫が身をひそめるところ (ミルリトン探偵局シリーズ 1)名探偵コナン VS 怪盗キッド 完全版 (Shonen sunday books)


Think―夜に猫が身をひそめるところ (ミルリトン探偵局シリーズ 1)
Think―夜に猫が身をひそめるところ (ミルリトン探偵局シリーズ 1)

ジャンル:
セールスランク:245640 位
発送可能時期:通常24時間以内に発送
参考価格:¥ 1,890 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

ヨーロッパテイストの世界観が

「クラフト・エヴィング商會三代目」の娘、
吉田音<おん>を主人公とした探偵譚。
クラフト・エヴィング商會の他の本にも出てくる探偵、
「円田さん」も登場。

登場人物が日本人ながら、相変わらず
ヨーロッパテイストの世界観が淡々と流れている。
fusigi感覚のおはなし

ジャンル分けしづらく、派手な宣伝文句が当てはまるわけでなく、たぶん出版社にとっては売りにくい作品でしょう。
ただ一点、『クラフトエヴィング商会』物というのが足がかりで、固定ファンにはうれしい作品でした。

大人と子供の間の少女や少年の日々をふと思い出す。それがたとえ自分の経験とかけ離れていても、そう、そんな気分は確かにかつて心のどこかに抱いていたことが浮かび上がってきます。
大きなイベントは無く、小さな事象が少しずつ絡まったりすれ違ったりして、まさに「紡がれた物語」と言った趣の作品です。

作者は一応「クラフトエヴィング商会」を主催する吉田夫妻の娘さんと言うことですが、ホントかどうかはそれもお楽しみの内、というところでしょうか。
他愛なく甘美

イベントのコットン・キャンディー、物産展の金平糖、ウインドーショッピング中のクレープ、のような小説でした。



筑摩書房
a piece of cake
百鼠
らくだこぶ書房21世紀古書目録
テーブルの上のファーブル
クラウド・コレクター―雲をつかむような話